Medical

【白内障】好発年齢・症状・原因・手術などを解説します<看護師国家試験>

2021年5月2日

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

白内障って、どんな病気なの?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

国家試験範囲の解説一覧は領域別にHOMEに掲載しています各記事毎の「関連図」・「E-larning」を閲覧したい方は、記事の最下部で紹介しています



当記事で分かること

  • 白内障とは
  • 原因・症状・治療について

白内障

白内障(Cataract)は水晶体が混濁する疾患です。昔は「白底樋しろそこひ」と呼ばれていました。

加齢による白内障が最多で、明確な機序は不明ですが水晶体を構成するクリスタリンと言う蛋白質の異常で起こるとされています。

注意ポイント

緑内障と同じく副腎皮質ステロイドも副作用の一つとして挙げられます。

加齢白内障

加齢によって水晶体が混濁して、50歳前後でも半数弱が患っています。80歳代では、軽いのを含めると全員が患っていると報告されています。

加齢以外の危険因子では、酸化・糖化・喫煙・近視・紫外線などが挙げられ、禁煙や抗酸化作用を持つビタミンなどの摂取の有効性も示唆されています。

症状

水晶体の外側より、徐々に中心に進行することが多く、初期では無症状とされます。代表的な症状は、霧視むし(目が霞む)・羞明しゅうめい(眩しくなる)・視力低下・眼精疲労・複視などです。

検査

検査は別の眼疾患によっては方針が変わるので、その辺りの状態も確認していきます。

  • 細隙灯顕微鏡
  • 眼底検査
  • 視力検査
  • 光干渉断層計:OCT検査(optical coherence tomography)と呼ばれる網膜の断層画像を撮影する機械です。従来の眼底検査が「2D」とすると、「3D」で撮影して異常を見付けます。

治療

  • 点眼:根治目的では無く、進行を遅らせる目的で行います。今のところエビデンスは低く、今後の研究が待たれます。
  • 外科手術:現在の主流は水晶体乳化吸引術(PEA:phacoemulsification and aspiration)で、水晶体を破壊・吸引して取り除き、代わりに眼内レンズ(IOL:Intraocular lens)を挿入します。一般的に日帰り手術で行われています。

水晶体乳化吸引術

ポイント

  • 感染予防:傷が塞がるまでの1週間程度は洗髪・洗顔など、水が入って感染を起こすような生活は制限されます。
  • 眼帯・眼鏡:感染予防や衝撃などを防ぐ目的で使用します。
  • 視野:濁りが消えることで、羞明を感じたり、レンズによっては光が散乱したりなどの感覚を持つ場合があります。
  • 合併症:感染症や後発白内障などです。後発白内障は、残存細胞によりレンズの混濁が生じて起こるとされます。

先天性風疹症候群

先天性風疹症候群

先天性疾患では風疹による白内障(+難聴・心奇形)も有名です。風疹は特効薬が無いですがワクチンで予防可能なので、積極的な接種が推奨されています。

ポイント

1962年~1979年頃に産まれた男性は公的予防接種が無かったので、抗体を持っていない可能性が高いです。2022年3月31日までは無料で受けられるようですので、市区町村に確認しましょう。

女性の方は子どもの為にも、妊娠前に抗体価をしっかり確認して、必要に応じて予防接種をしましょう。ウイルスが生きている「生ワクチン」なので、妊娠中は接種出来ないです。


今回は「白内障」について解説しました。

まとめ

  • 水晶体のクリスタリン異常だと考えられています
  • 加齢によるものが大多数で、他には先天性風疹症候群やステロイドなど様々です
  • 初期では無症状ですが、次第に視野障害などを起こします
  • 一般的に水晶体を破砕する日帰り手術が行われます
  • 術後は癌部の保護や感染などに気を付けます

以下のリンクより、医療国家試験範囲をマインドマップ・関連図形式でより深く、より分かり易く「限定公開」しています。テスト形式で知識の確認も行え、臨床まで繋がるコンテンツにしています。

  • 定期購読:全領域見放題です。詳細に関しては「詳細」より、購読に関しては「定期購読」より、公開範囲は「定期購読に含まれる記事について」より確認できます。
  • 単体購読:当記事に限って見たい方は「購読」より閲覧できます。

記事によっては未作成・未更新で、「購読」が設置されていません。随時Up Dateしていきます。

参考

詳細

今回は以上になります。参考になれば幸いです。お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問・質問・要望などは「Twitter」・「Mail」までお気軽にどうぞ^^v

この続きはcodocで購読

Medical

2021/7/21

【医療学生】iPad・タブレット・アプリなどを活かした図解ノート作成方法について

iPadを使っているんだけど、良いノートのまとめ方は無いかな? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること iPad活用術 目次 iPad ...

Medical

2021/7/20

糖新生とは?ダイエット・筋肉・アミノ酸・肝臓・血糖値などとの関係について

糖新生って何のこと? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 糖新生とは アミノ酸・グリセロールって? 肝臓での代謝について 筋肉・血 ...

Medical

2021/7/16

【PLR】プロラクチンとは?男性・女性・作用などについて簡単に解説します

プロラクチンって男性にも出るの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること PLR・プロラクチンとは 作用・男女差について 目次 プロラ ...

Medical

2021/7/16

【GH】成長ホルモンとは?分泌部位・過程・時間・作用・疾患について解説します

成長ホルモンって、どんな作用を持つの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 成長ホルモンとは 分泌部位・時間帯・作用について 疾患 ...

Money

2021/5/27

【雇用保険】知らなきゃ損です!看護師の失業手当の受け取り方と金額について

失業手当って幾ら貰えるの?雇用保険って何?看護師も貰える? 今回は、こんな声に応えていきます。受け取り方やタイミングを間違えると損になってしまうので気を付けましょう。 こう言った社会保障制度については大して習わないので、疎い人も多いです。私もその中の一人でした。世の中の仕組みを学ぶのは人生を楽にする為にも大事です! 当記事で分かること 雇用保険・失業手当とは 受給資格について 看護師も受け取れるの? 金額と経験談について 目次 雇用保険・失業手当とは対象者受給資格給付日数給付金額申請方法アルバイト等認定日 ...

Money

2021/5/27

【サイト】派遣看護師は副業ブログにも向いている?時給・給料・保険など

派遣看護師って、どんな働き方なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 派遣看護師との違いって、施設に雇われていると実感が湧かず、よく分からないですよね。 今回は派遣のメリットやデメリットを解説していくので、今の働き方に疑問を持っている人は参考にして、解決の糸口にしてくださいね! 本記事の内容について 派遣看護師とは 労働可能な条件とは メリット・デメリット お勧めな使い方について 目次 1.派遣看護師の仕組みについて>労働条件>勤務先制限>継続勤務制限>保険・給料・待遇2.派遣看護師のメリット・デメリッ ...

Money

2021/5/27

【看護師】学生も可能な4つの副業とブログをお勧めする6つの理由

看護師の副業は何が良いの?ブログって良いの?看護学生でも出来るって本当? 今回は、こんな声に応えていきます。 その前に副業が可能なのかと、心構えについてコチラの記事で説明しています。 この記事では、看護学生や看護師をしながら副業をしたい人に勧める4つのコンテンツを紹介します。私は株式、投機、アフィリエイト、デジタルコンテンツ販売、YouTube、フリマアプリなどの経験を持っています。 また、ブログのメリットやデメリット、適性などを細かく解説します。この記事を参考に、自分の性格に合った副業を選びましょう。 ...

Money

2021/5/27

【看護師】副業禁止?2つのバレない方法と稼ぐ心構えや確定申告について

心身辛くて・・・。看護師って副業して良いの?何に気を付ければ良い?看護学生は可能なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 大前提として「肉体労働を減 ...

  • 執筆者
  • 最新記事

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

-Medical
-

© 2021 Liberal Nurse