Medical

認定・専門看護師になるには?役割・種類・給料・更新期間・違いなどについて解説します

認定看護師(CN)

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

認定・専門看護師って何なの?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

国家試験範囲の解説一覧は領域別にHOMEに掲載していますKindle電子書籍を活用して無料・低価格で「電子ノート」を作りたい場合は、以下の記事を参考にしてくださいね!

【医療学生】iPad・アプリなどを活かした図解ノートによる勉強方法について<看護>

iPadを使っているんだけど、良いノートのまとめ方は無いかな? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること iPad活用術 <Conten ...


当記事で分かること

  • 認定・専門看護師について

認定看護師(CN)とは

日本看護協会(PDF)

認定看護師とは

認定看護師(Certified Nurse)は、日本看護協会が行っている資格の一種です。20,000人以上が認定されていて、個人・家族・看護師などに技術を提供して指導・相談などを行う役割を持ちます。

  1. 実践経験:5年以上(認定看護分野3年以上)
  2. 研修時間:600時間以上
  3. 書類審査・筆記試験(合格率90%程度)
  4. 更新期間:5年毎

認定看護師はその分野に特化しています。各領域の病棟で専門的知識を活かして働いたり、病院の中枢となる対策室に身を置いて部署・病棟スタッフなどの依頼を受けて動きます。

分野・21領域

  1. 救急
  2. 皮膚・排泄ケア
  3. 集中ケア
  4. 緩和ケア
  5. がん化学療法
  6. がん性疼痛
  7. 訪問
  8. 感染管理
  9. 糖尿病
  10. 不妊症
  11. 新生児集中ケア
  12. 透析
  13. 手術
  14. 乳癌
  15. 摂食・嚥下障害
  16. 小児救急
  17. 認知症
  18. 脳卒中リハビリテーション
  19. がん放射線療法
  20. 慢性呼吸器疾患
  21. 慢性心不全

注意ポイント

2020年度以降は特定行為研修を組み込んでいます。従来の21分野が19分野に再編されて、従来型は2026年度に終了します。

特定行為とは

特定の38行為に関して、研修を行うことで実施可能となる手技のことを言います。特定看護師とも言われます。呼吸管理・薬剤管理・ドレーン管理など、幾つにも細分化されています。2020年度より認定看護師の教育機関にも盛り込まれています。

とは言え、費用・時間なども掛かる上に資格としての効力は無いです。実際に行うかは組織との関係性(手順書)などにもよります。実際、研修を受けずに医師との信頼関係で行われることも多々あります。

費用・待遇

履修する分野の他、病院の補助制度や交通機関などでも変わりますが、出費は100万円程度です。給与面の待遇は一般的に良くないので、向上心・自己満足感などで取得する人が多いです。

専門看護師(CNS)とは

日本看護協会(PDF)

専門看護師(Certified Nurse Specialist)は大学院で修士課程を修了する必要があります。3,000人程度が取得しています。認定看護師の役割に加えて、倫理・研究などの役割が追加されます。

  1. 実践経験:5年以上(認定看護分野3年以上)
  2. 大学院修士課程修了者
  3. 書類審査・筆記試験
  4. 更新期間:5年毎

私も一緒に仕事をしていましたが、いつも倫理・研究などを熱心に取り組んでいて、比較的認定看護師より院外など広範囲に活動していきます。認定看護師も業務外の仕事が増えて大変そうですけど、専門看護師はより大変そうな印象です。

分野・13領域

  1. がん
  2. 精神
  3. 地域
  4. 老人
  5. 小児
  6. 母性
  7. 慢性疾患
  8. 急性・重症患者
  9. 感染症
  10. 家族支援
  11. 在宅
  12. 遺伝
  13. 災害

費用・待遇

履修する分野の他、病院の補助制度や交通機関などでも変わります。大学院に2年以上通って修士を取得するので、認定看護師よりも長期的に費用が掛かり、出費は200万円程度です。給与面の待遇は一般的に良くないので、向上心・自己満足感などで取得する人が多いです。


今回は「認定・専門資格」について解説しました。

まとめ

  • 現在、認定看護師は特定行為も学べます
  • 専門分野の実践に特化して費用・時間などを抑えたい場合は認定看護師が勧められます
  • 幅広く研究・倫理などの活動に興味を持ち、費用・時間などが許す場合は専門看護師が勧められます
  • 一般的にコストと比較して給与面の待遇は悪いので、別のメリットを探しましょう

L.Nurse Shop >

最新記事

Medical

2021/11/14

乳癌の病態生理とは?特徴的な症状や治療について解説します<看護・医療国家試験>

Medical

2021/11/4

【分娩】5種類の破水の違いと胎位や陣痛などの経過について解説します<看護・医療国家試験>

Medical

2021/11/3

水痘・水疱瘡とは?大人の罹患と予防接種・感染経路・潜伏期間などについて解説します<看護>

Medical

2021/10/29

ノンストレステスト(NST)の目的とは?胎児心拍数との関係について解説します<看護>

認定看護師(CN)

Medical

2021/10/25

認定・専門看護師になるには?役割・種類・給料・更新期間・違いなどについて解説します

Medical

2021/10/23

せん妄・不穏とは?原因・CAM-ICU・ICDSC・RASSについて解説します<看護>

Medical

2021/10/21

パニック障害とは?3つのポイントと不安を軽減する治療法について<看護・医療国家試験>

Medical

2021/10/21

月経困難症・月経前症候群(PMS)の定義・症状・仕組みとは?<看護・医療国家試験>

Medical

2021/10/18

DNAR・BSCの違いとは?現場でも理解度の差の大きな医療用語を学ぼう!<看護>

Medical

2021/10/15

インスリンとは?注射・製剤の種類などを分かり易く解説します<看護・医療国家試験>

  • 執筆者
  • 最新記事

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

-Medical

© 2021 Liberal Nurse