質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

【肝硬変】食道・胃静脈瘤とは?治療や破裂などについて<看護師国家試験>

2020年10月13日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・食道や胃の静脈瘤って?

・症状や治療を教えて!

・静脈って、どうなっているの?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

本記事の内容について

・食道周辺の静脈分布について

・静脈瘤が形成される理由とは

・症状や治療などについて

食道・胃静脈瘤の原因は肝硬変が最多です

肝硬変などを原因として静脈の圧力が上がって静脈瘤は形成されます。臨床では「バリックス(=静脈瘤)」と呼ばれます。動脈血の圧力が上がる要因は「コチラ」を参考にしてください!

>原因

今回は血圧は血圧でも静脈の圧力が関係してきます。肝臓が硬くなったり萎縮することで血液がうっ滞し、肝臓に静脈が戻り難くなり門脈圧が上がります。

これを門脈圧亢進と言って、これに関連する症状を門脈圧亢進症状と言います。これにより静脈が正常に肝臓に届かずにうっ滞し、逆流・怒張などにより静脈瘤が形成されます。

門脈圧亢進について

門脈や肝臓の解剖に関しては「コチラ」の記事を参考にしてください。

他の亢進症状は?
  • メデューサの頭:腹壁皮下静脈怒張とも言います。血管の怒張により生じます。
  • 腹水・浮腫:低アルブミン血症も関与します。
  • 直腸静脈瘤・消化管出血:食道静脈瘤と同様に形成されたり、破裂します。
メデューサ?

ギリシャ神話に出てくる3姉妹の末っ子です。蛇の髪形が特徴的で見た者を石に変えると言われています。

メデューサ

>検査・症状・治療

検査

  • 内視鏡検査

内視鏡検査

症状

  • 無症状
  • 肝硬変などの基礎疾患に関連する症状など
  • 静脈瘤破裂

>出血性ショック:静脈瘤破裂による出血で低血圧や意識障害などを呈している状態です。輸液をしたり、貧血に対しては赤血球(RBC)、凝固因子の補充に対しては血漿(FFP)を輸血します。応急処置としてSBチューブを胃に引っ掛けて、食道部を空気で圧迫します。バソプレシンは腹部の血管を収縮させて門脈圧を下げますが、抗利尿にもなります。

ショック5P・SBチューブ

治療

  • 内視鏡的治療

>内視鏡的硬化剤注入療法(EIS:Endoscopic Injection Sclerotherapy):緊急時では用いられることが多く、低侵襲ですが再出血し易いです。EISと併用できます。

>内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL:Endoscopic Variceal Ligation):組織を退縮させる硬化剤を注入します。待機的処置で用いられることが多く、再出血率は低いですが肝機能や腎機能で制限されます。

EVL・EIS・内視鏡的治療について

  • IVR(Interventional Radiology):放射線を利用して血管内治療を施す処置を総じてIVRと言います。心筋梗塞の「PCI」などもIVRと言えます。食道静脈瘤では止血目的に血管を塞ぐ塞栓術(Embolization)を行います。
  • 外科的治療

今回は「食道静脈瘤」に関して解説しました。

まとめ

・肝硬変で起き易いです

・門脈圧が亢進することで形成されます

・内視鏡で検査や治療をする事が多いです

・破裂時は輸血、輸液、止血処置(EVL・SBチューブなど)などをします

・EISは待機的で多く、肝腎機能に注意します

今回は以上になります。参考になれば幸いです。

お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Category

 

お勧めの厳選書籍は「コチラ」です。専門書は高いので、ちょっとした質問などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2021/4/13

【学生】病院看護師が比較的よく遭遇する画像検査の種類について解説します

Nursing

2021/4/5

原発性アルドステロン症とは?病態・症状などについて<看護師国家試験>

Nursing

2021/4/5

クッシング症候群とは?副腎皮質・症状などについて<看護師国家試験>

Nursing

2021/3/31

【褐色細胞腫】副腎髄質との関係・症状・禁忌薬剤など<看護師国家試験>

Nursing

2021/3/28

【アジソン病】慢性副腎皮質機能低下症の病態・症状とは<看護師国家試験>

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2021 Liberal Nurse -リベラルナース-