Medical

3種類の脂質(中性脂肪・コレステロール・脂肪酸)について解説します<看護・国家試験>

2021年9月7日

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

脂質と脂肪酸って違うの?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

国家試験範囲の解説一覧は領域別にHOMEに掲載していますKindle電子書籍を活用して無料・低価格で「電子ノート」を作りたい場合は、以下の記事を参考にしてくださいね!

【医療学生】iPad・アプリなどを活かした図解ノートによる勉強方法について<看護>


当記事で分かること

  • 脂質とは
  • 中性脂肪について
  • コレステロールの役割とは
  • 脂肪酸って?

脂質とは

三大栄養素

脂質・脂肪酸・中性脂肪…何だか違いが分からないですよね。

脂質は三大栄養素で、他には蛋白質と糖質になります。ビタミンとミネラルを合わせて五大栄養素とも言います。蛋白質にはアミノ酸などが含まれるように、糖質に単糖類などが含まれるように、脂質にも色々と含まれています。

つまり「脂質」は様々な物質の総称しています。この脂質は中性脂肪・脂肪酸コレステロール・グリセリンなど色々と存在します。脂溶性ビタミン(ADEK)の吸収も助けます。

ポイント

  • 1g:9Kcal
  • 中性脂肪・コレステロール・脂肪酸など
  • 脂溶性ビタミンに関わる
【ABCDEK】ビタミンの効果とは?脂溶性・水溶性の違いと働きについて解説します

カロリーとは

「cal」は1gの水を1℃上昇させるのに必要な熱量のことを言います。「Kcal」は1Lの水を1℃上げるのに必要なエネルギーです。

脂質

  • 中性脂肪
  • コレステロール・リン脂質
  • 脂肪酸
今回は主に上記の脂質を解説していきます!

中性脂肪(トリグリセリド)

中性脂肪(トリグリセリド・TG)は英語で「トリグリセリド」などと呼びます。脂質は腸管で吸収されてリンパ管・静脈角を経て、肝臓で代謝されます。中性脂肪はエネルギー源となり、ブドウ糖の不足時に利用されます。

ポイント

  • エネルギー源になる
  • 過剰になると脂肪となって生活習慣病に関わる

インスリン

この「ブドウ糖」が過剰になると、インスリンの働きで脂肪細胞などに蓄えられます。その多くは皮下脂肪になり、内臓周囲に及ぶと「インスリン抵抗性」を上げて生活習慣病のリスクを高めます。但し、過度の糖質制限は筋肉などを分解してエネルギーを作り、基礎代謝が落ちるので注意です。

【基礎編】看護学生・新人向けの糖尿病まとめ 検査・合併症・指導など

コレステロール

HDL・LDL

ホルモン合成・細胞膜・胆汁などを作る上で大切な脂質で、悪玉(LDL)と善玉(HDL)などが存在します。細胞膜にはリン脂質も関与しています。

リン脂質とは

細胞の膜を構成する脂質で、細胞膜はリン脂質二重層となっています。

【人体構造】4つの組織と細胞小器官・核分裂について<看護師国家試験>

ポイント

  • ホルモン・細胞膜・胆汁などに関わる
  • 悪玉・善玉などが有名です
胆道・胆嚢・胆管の違いって?膵臓の解剖学的位置・役割も解説します<看護・国家試験>

ステロイドホルモン

ステロイドホルモンと言うと副腎皮質ホルモンを思い浮かべます。その他、性腺ホルモンの合成にも関わっています。ステロイドホルモンの多くは「コレステロール」の「ステロ」・「ール」の他に、「ゲン」などが付きます。

食品でも性腺とも関わる「卵」に多いです。食品では血中に分布しますが、生体がバランスを見て肝臓でも作られます。
no image
内分泌

ビタミンD

意外にもビタミンDにも関わります。紫外線を浴びることでコレステロールがビタミンDとなります。

脂肪酸

脂肪酸は飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸・トランス脂肪酸など、色々と種類が分かれます。脂肪酸の種類によって、固形油脂(バターなど)・液体油脂(植物油など)の形態になります。

これらの脂肪酸は、ざっくりと「飽和」が動物性に、「不飽和」が植物性に、「トランス」がマーガリン・ジャンクフードなどに多く含まれます。

ポイント

  1. 飽和脂肪酸:動物性(多)
  2. 不飽和脂肪酸:植物性(多)
  3. トランス脂肪酸:不健康になる危険性が問題視されている

飽和脂肪酸

エネルギーとして使われる脂肪酸で、動物性の食品に多いとされます。過剰摂取になると中性脂肪・コレステロールが増えて生活習慣病となります。常温で固体が多く、肉・乳製品・卵黄・チョコレートなどに多く含まれます。

ラード(豚脂)・ヘット(牛脂)などのイメージですかね!

不飽和脂肪酸

細かく分類されますが、主に植物油・魚油に多く含まれる「健康」にもメリットが高い脂肪酸です。体内で合成不可能な「必須脂肪酸」にも関わります。血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きなどが報告されています。

ざっくりと常温で液状の油は不飽和脂肪酸です。

n-3系

オメガ3系とも言われます。α-リノレン酸は必須脂肪酸になります。

  • DHA:魚油(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA:魚油(エイコサペンタエン酸)
  • 亜麻仁油
  • えごま油など

n-6系例

オメガ6系とも言われます。リノール酸は必須脂肪酸になります。

  • 大豆油
  • コーン油など

n-9系

オメガ9系とも言われます。悪玉コレステロールを下げると報告されています。

  • オリーブ油
  • 菜種油・キャノーラ湯など


今回は「脂質」について解説しました。

まとめ

  • 脂質は総称で、様々な「油脂」に分かれていきます
  • 中性脂肪はエネルギー源です
  • コレステロールは色々な合成に使われます
  • 脂肪酸は動物性・植物性などが存在します

L.Nurse Shop >


この続きはcodocで購読

最新記事

Medical

2021/11/14

乳癌の病態生理とは?特徴的な症状や治療について解説します<看護・医療国家試験>

Medical

2021/12/12

【分娩】5種類の破水の違いと胎位や陣痛などについて解説します<看護・医療国家試験>

Medical

2021/11/3

水痘・水疱瘡とは?大人の罹患と予防接種・感染経路・潜伏期間などについて解説します<看護>

Medical

2021/10/29

ノンストレステスト(NST)の目的とは?胎児心拍数との関係について解説します<看護>

認定看護師(CN)

Medical

2021/10/25

認定・専門看護師になるには?役割・種類・給料・更新期間・違いなどについて解説します

Medical

2021/10/23

せん妄・不穏とは?原因・CAM-ICU・ICDSC・RASSについて解説します<看護>

Medical

2021/10/21

パニック障害とは?3つのポイントと不安を軽減する治療法について<看護・医療国家試験>

Medical

2021/10/21

月経困難症・月経前症候群(PMS)の定義・症状・仕組みとは?<看護・医療国家試験>

Medical

2021/10/18

DNAR・BSCの違いとは?現場でも理解度の差の大きな医療用語を学ぼう!<看護>

Medical

2021/10/15

インスリンとは?注射・製剤の種類などを分かり易く解説します<看護・医療国家試験>

  • 執筆者
  • 最新記事

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

-Medical

© 2022 Liberal Nurse