Medical

グラム陽性菌の種類・特徴とは(MRSA・溶連菌など)<看護師国家試験>

2020年11月22日

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

具体的にグラム陽性菌について教えて!MRSA、溶連菌、クロストリジウム属って何?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

国家試験範囲の解説一覧は領域別にHOMEに掲載しています各記事毎の「関連図」・「E-larning」を閲覧したい方は、記事の最下部で紹介しています



当記事で分かること

  • グラム陽性菌について
  • ブドウ球菌とは
  • レンサ球菌とは
  • 腸球菌とは
  • ジフテリア菌とは
  • クロストリジウム属とは

グラム陽性球菌とグラム陽性桿菌について

関連記事

【染色】グラム陰性菌・陽性菌の違いと種類について<看護師国家試験>

グラム陰性菌?陽性菌と何が違うの? 今回は、こんな声に応えていきます。 病原微生物って種類が多過ぎて困りますよね。学生の頃は寄生虫とか細菌とかには全く ...

グラム陰性菌の種類・特徴とは(大腸菌・緑膿菌など)<看護師国家試験>

グラム陰性菌はどんな菌なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 参考 グラム陽性菌に関しては「コチラ」を参考にしてくださいね! 当記事で分かること ...

【酸素】血液培養でも重要な好気性菌・嫌気性菌の違いと種類について解説します

好気・嫌気の違いって? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 好気性菌・嫌気性菌について 臨床でよく遭遇する菌種について 目次 好気 ...

【細菌検査】血液培養検査の目的・順番・手順・ボトルなどについて解説します

血液培養検査って何でするの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 血液培養検査とは 採取するタイミングは? 本数・手技・保存方法な ...

グラム陽性球菌

〇〇coccusは、球菌と言う意味です。
  • ブドウ球菌:Staphylococcus(スタフィロコッカス)
  • レンサ球菌:Streptococcus(ストレプトコッカス)
  • 腸球菌:Enterococcus(エンテロコッカス)

多くは通性菌で、酸素の有無に関わらず生息可能です。ブドウ球菌やレンサ球菌は常在菌で、皮膚などを介して感染します。蜂窩織炎の原因にもなります。

蜂窩織炎とは

皮下組織以上の炎症で、感染徴候(腫脹・疼痛・発赤・発熱)を呈します。

グラム陽性桿菌

何種類か存在するクロストリジウム属と、ワクチンで関係してくるジフテリア菌を覚えましょう!

クロストリジウム属

  • ボツリヌス菌(C.botulinum
  • 破傷風菌(C.tetani
  • ディフィシル(C.difficile
  • ウェルシュ菌(C.perfringens

グラム陽性球菌(ブドウ球菌・MRSA)の特徴や治療について

実際に経験しないと意味不明だとは思いますが、なるべく要点を絞って解説していきます!

ポイント

  • 基本的に感染力は弱いので、免疫力の弱くなった患者に感染する日和見感染が原因となります
  • 表皮に常在しているので、カテーテルなどの留置時に体内に侵入します
  • 黄色ブドウ球菌は腸管毒素(エンテロトキシン)が問題となります
  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は院内感染で特に重要です
黄色ブドウ球菌は、人の手を介して握った「おにぎり」などを放置することで繁殖し、食中毒となることで有名です。調理加熱程度では毒素が残ります。皮膚などの炎症・膿瘍でも多いです。

コアグラーゼ

ブドウ球菌

ブドウ球菌は、その名の通りブドウの形に似ています。ブドウは「紫」なので、グラム陽性と関連付けられます。通性菌で、以下の2種類になります。

  • 黄色ブドウ球菌(コアグラーゼ陽性菌):鼻腔や腸管に常在しています。
  • コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS:Coagulase Negative Staphylococci):表皮ブドウ球菌などが代表で、鼻腔や皮膚に常在しています。

コアグラーゼとは

コアグラと言う言葉を知っていますか?臨床では、血液が固まると「コアグる」などと言います。コアグラーゼは血漿を凝固させる酵素で、周囲にフィブリンのバリアを形成して食細胞に抵抗します。

簡単に言うと、人にとってコアグラーゼを持っている細菌は厄介ってことになります。

紫に染まるのに、何で黄色ブドウ球菌なの?

培地の色が黄色くなることが由来で、画像の一番左の様な色になるからです。

MRSA

MRSA(Methicillin Resistant Staphylococcus aureus)とはメチシリンに耐性を持った黄色ブドウ球菌です。メチシリンとは、世界初の抗菌薬と言われるペニシリン系抗菌薬の一つです。

菌名に「S」が付くとその前の抗生剤にsensitive(感受性:効く)で、「R」が付くとresistant(抵抗性:耐性)です。メチシリン感受性黄色ブドウ球菌をMSSAと言います。取り敢えず、「R」が付く菌はヤバイと思いましょう。

特徴

  • β-ラクタム系抗生物質は前述したペプチドグリカン層(細胞壁)の合成を妨げて殺菌しますが、MRSAは多くを無効化します
  • 肺炎・骨髄炎や経皮的に感染を起こします
  • 院内感染で重要視されており、手指衛生やガウンの着用などが大事です
  • 原則器材などは患者専用にし、共有する場合は消毒をします
  • アルコール・ポピドンヨードなどは効きます

抗生物質

  • VCM(バンコマイシン塩酸塩):第一選択
  • その他:テイコプラニン・リネゾリドなど

VCMとは

グリコペプチド系の抗生物質で、MRSAや偽膜性大腸炎(クロストリジウムディフィシル)でよく耳にする抗菌薬の一つです。別の機序で細胞壁の合成を阻害して殺菌します。

腸管吸収されないので、偽膜性大腸炎以外では静脈注射を行います。投与が速いとヒスタミンが遊離して、皮膚に紅斑・掻痒感が生じるRed Man症候群を呈し易くなります。一般的には1時間以上の用法となっています。血中濃度も定期的に測定します。

グラム陽性球菌(レンサ球菌・溶連菌・腸球菌)の特徴や治療について

溶血性連鎖球菌を略して溶連菌と言います。一番有名なA群β溶連菌(GAS:Group A Streptococcus)の多くが化膿性レンサ球菌です。一般的に小児で多いですが、劇症型では30歳以上の成人で多いとされます。劇症型は、壊死性筋膜炎を起こす人食いバクテリアとしても有名ですが、実際は食うと言うより腐らせる…ですね。

その他肺炎球菌や、妊婦ではB群β溶連菌(GBS:Group B Streptococcus)も重要になります。

参考

A群はLancefield分類で、β溶血性は「α」・「β」・「γ」で分けた溶血毒による赤血球の溶け方です。特に覚えなくて良いと思います。

ポイント

  • A群β溶連菌は菌によっては莢膜を有し、学童以下の小児で扁桃炎や咽頭炎の原因になり易いです
  • 更に全身の発疹を呈すと猩紅しょうこう熱となります
  • リウマチ熱や急性糸球体腎炎の原因にもなります
  • B群β溶連菌は膣に生息し、分娩時に胎児に影響することで感染症を呈します
  • 肺炎球菌は鼻腔などに生息し、莢膜を持っています。市中肺炎の原因菌で最も多いです

治療

  • ペニシリン系抗菌薬:第一選択

腸球菌

腸球菌もその名の通り、腸に常在する菌で基本的には無害ですが、院内などでは抵抗力の弱い患者への日和見感染の原因となります。

VRE

バンコマイシン耐性腸球菌(Vancomycin Resistant Enterococci)は、バンコマイシンに耐性を持ちます。

グラム陽性桿菌(ジフテリア菌)の特徴や治療について

学童未満の幼児に多く、剥がすと出血する扁桃の偽膜や咽頭発赤、頸部リンパ節の腫脹などを認めます。飛沫感染します。

増悪すると気道を閉塞して窒息を呈したり、毒素による神経麻痺や心筋炎などを呈します。現在ではDPT・DPT-IPV(三種・四種混合ワクチン)の普及で、接種していれば通常感染しないです。

*D:Diphtheria(ジフテリア)、P:Pertussis(百日咳)、T:Tetanus(破傷風)、IPV: Inactivated Poliovirus Vaccine(不活化ポリオ)

治療

  • 血清:毒素除去
  • ペニシリン・エリスロマイシン:殺菌

グラム陽性桿菌(クロストリジウム属)の特徴や治療について

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌)・芽胞クロストリジウム属は嫌気性菌で、酸素を嫌います。更に芽胞を持ちます。

芽胞とは

芽胞は防御力に特化した構造で、不都合な状況に陥った際に細菌内部に形成して逃げ込み、耐え抜きます。環境の都合が良くなると、再度発芽して増殖を始めます。以下の特徴を持ちます。

  • 100℃無効
  • アルコール耐性

よって、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌)では121℃で滅菌します。また、環境は次亜塩素酸ナトリウムで消毒し、流水での手洗いをします。

では、以下の菌を見ていきます!

  • ボツリヌス菌(C.botulinum
  • 破傷風菌(C.tetani
  • ディフィシル(C.difficile
  • ウェルシュ菌(C.perfringens

ボツリヌス菌(C.botulinum

1gで100万人を致死させられると言われるボツリヌス毒素を産生します。名前の由来は「ソーセージ」で、嫌気性菌なので酸素の無いところで増殖します。

インハンドの題材となったエボラ出血熱と同じバイオテロカテゴリーAです。

原因(食品)

  • 真空パック
  • 缶詰・瓶詰

>食品中で発育したボツリヌス菌が毒素を放ち、それを食することで発症します。

  • 蜂蜜(1歳未満)

>1歳未満では消化管・腸内細菌叢が未発達で、蜂蜜に含まれた芽胞が腸で発芽して毒性を持ちます。

症状・治療

  • 症状:神経麻痺が主体で、視野障害・嚥下障害・呼吸困難などを呈します。
  • 治療:気道管理や必要に応じて血清などを使用します。

破傷風菌(C.tetani

一般的にはDPTワクチン(1968年~)によって予防されますが、抗体価が徐々に下がってきます。また、50年以上前に産まれている場合は抗体を持っていない人が多いです。

土壌中に生息しており、中年~高齢者の創傷より侵入して破傷風を発症することが多いです。

原因

  • 創傷感染

症状・治療

  • 症状:神経毒による開口障害・顔の引き攣りを経て強直性痙攣・後弓反張などを呈します。

>初期の開口障害を牙関がかん緊急と言います。

  • 治療:抗破傷風免疫グロブリン・ペニシリンG・気道管理・暗室管理(刺激で痙攣を誘発する)など

*発症せずとも、外傷などではワクチンを追加接種する場合もあります。

破傷風の症状について

ディフィシル(C.difficile

院内感染の問題にも挙がる菌で、抗菌薬などで腸内細菌叢が乱れ、腸内に生息しているディフィシルが増殖して起こります。偽膜性大腸炎の原因菌で、CD toxin(毒素)を産生します。

症状・治療など

  • 症状:粘性又は水様性の下痢・腹痛など
  • 検査:便検査でCD毒素が検出されます。
  • 治療:原因薬剤中止・バンコマイシン内服・メトロニダゾール
  • アルコール抵抗性:環境は次亜塩素酸ナトリウムで消毒し、手洗いを励行します。

ウェルシュ菌(C.perfringens

体内に侵入してガスを生産し、周囲の組織を腐らせ腫脹させます。肉類などの煮込み料理では、食中毒(エンテロトキシン)の原因にもなります。

症状・治療

  • 症状:握雪感(気腫)・腫脹・悪臭・疼痛など
  • 検査:培養検査・レントゲン(ガス像)など
  • 治療:ペニシリンG・外科的処置(洗浄・切断)など
握雪感は気胸でよく見られます。新雪を握ったギュッギュッって感じの感触です。

今回は「グラム陽性菌」について解説しました。

まとめ

  • ブドウ球菌・レンサ球菌は皮膚に常在します
  • 黄色ブドウ球菌はコアグラーゼで食細胞に抵抗します
  • MRSA・VREなど「R」が付くと抗菌薬に抵抗を示します
  • バンコマイシンはRed Man症候群などを呈すので緩徐に落とそう!
  • A群β溶連菌は学童以下で罹患し易く、リウマチ熱・急性糸球体腎炎などの原因となります
  • B群β溶連菌は、出産時の胎児感染として重要です
  • ジフテリアはワクチン接種により、現代では激減しています
  • クロストリジウム属は嫌気性菌で芽胞を持ちます
  • 芽胞は耐熱・耐アルコールなどの防御壁です
  • 1歳以下では蜂蜜の摂取は禁忌です
  • ボツリヌス菌は神経麻痺、破傷風は神経過剰亢進です
  • ディフィシルは感染対策が重要です
  • ウェルシュ菌はガス壊疽や食中毒の原因となります
  • MRSAなどの耐性菌を除く多くのグラム陽性菌はペニシリン系が有効です

以下のリンクより、医療国家試験範囲をマインドマップ・関連図形式でより深く、より分かり易く「限定公開」しています。テスト形式で知識の確認も行え、臨床まで繋がるコンテンツにしています。

  • 定期購読:全領域見放題です。詳細に関しては「詳細」より、購読に関しては「定期購読」より、公開範囲は「定期購読に含まれる記事について」より確認できます。
  • 単体購読:当記事に限って見たい方は「購読」より閲覧できます。

記事によっては未作成・未更新で、「購読」が設置されていません。随時Up Dateしていきます。

参考

詳細

今回は以上になります。参考になれば幸いです。お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問・質問・要望などは「Twitter」・「Mail」までお気軽にどうぞ^^v

この続きはcodocで購読

Medical

2021/7/23

糖新生とは?ダイエット・筋肉・アミノ酸・肝臓・血糖値などとの関係について

糖新生って何のこと? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 糖新生とは アミノ酸・グリセロールって? 肝臓での代謝について 筋肉・血 ...

Medical

2021/7/16

【PLR】プロラクチンとは?男性・女性・作用などについて簡単に解説します

プロラクチンって男性にも出るの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること PLR・プロラクチンとは 作用・男女差について 目次 プロラ ...

Medical

2021/7/16

【GH】成長ホルモンとは?分泌部位・過程・時間・作用・疾患について解説します

成長ホルモンって、どんな作用を持つの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 成長ホルモンとは 分泌部位・時間帯・作用について 疾患 ...

Medical

2021/7/6

【酸素】血液培養でも重要な好気性菌・嫌気性菌の違いと種類について解説します

好気・嫌気の違いって? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 好気性菌・嫌気性菌について 臨床でよく遭遇する菌種について 目次 好気性菌・嫌気性菌とは菌種一覧 好気性菌・嫌気性菌とは 好気性菌・嫌気性菌は臨床の技術で言うと、「血液培養」などの検査を理解する際に必要になります。学生・日常生活では関係性が分からないので興味の湧かない分野だと思います。 好気性菌:細分化すると偏性好気性菌と通性好気性菌に分かれます 偏性好気性菌(以下好気性菌):酸素が無いと生存不可能な菌種のこと 通性嫌気性菌( ...

Money

2021/5/27

【雇用保険】知らなきゃ損です!看護師の失業手当の受け取り方と金額について

失業手当って幾ら貰えるの?雇用保険って何?看護師も貰える? 今回は、こんな声に応えていきます。受け取り方やタイミングを間違えると損になってしまうので気を付けましょう。 こう言った社会保障制度については大して習わないので、疎い人も多いです。私もその中の一人でした。世の中の仕組みを学ぶのは人生を楽にする為にも大事です! 当記事で分かること 雇用保険・失業手当とは 受給資格について 看護師も受け取れるの? 金額と経験談について 目次 雇用保険・失業手当とは対象者受給資格給付日数給付金額申請方法アルバイト等認定日 ...

Money

2021/7/23

【サイト】派遣看護師は副業ブログにも向いている?時給・給料・保険など

派遣看護師って、どんな働き方なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 派遣看護師との違いって、施設に雇われていると実感が湧かず、よく分からないですよね。 今回は派遣のメリットやデメリットを解説していくので、今の働き方に疑問を持っている人は参考にして、解決の糸口にしてくださいね! 当記事で分かること 派遣看護師とは 労働可能な条件とは メリット・デメリット お勧めな使い方について 目次 派遣看護師の仕組みについて労働条件勤務先制限継続勤務制限保険・給料・待遇派遣看護師のメリット・デメリットメリット・デメリ ...

Money

2021/5/27

【看護師】学生も可能な4つの副業とブログをお勧めする6つの理由

看護師の副業は何が良いの?ブログって良いの?看護学生でも出来るって本当? 今回は、こんな声に応えていきます。 その前に副業が可能なのかと、心構えについてコチラの記事で説明しています。 この記事では、看護学生や看護師をしながら副業をしたい人に勧める4つのコンテンツを紹介します。私は株式、投機、アフィリエイト、デジタルコンテンツ販売、YouTube、フリマアプリなどの経験を持っています。 また、ブログのメリットやデメリット、適性などを細かく解説します。この記事を参考に、自分の性格に合った副業を選びましょう。 ...

Money

2021/5/27

【看護師】副業禁止?2つのバレない方法と稼ぐ心構えや確定申告について

心身辛くて・・・。看護師って副業して良いの?何に気を付ければ良い?看護学生は可能なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 大前提として「肉体労働を減 ...

  • 執筆者
  • 最新記事

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

-Medical
-

© 2021 Liberal Nurse