質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

痔瘻・痔核とは?原因・手術・特徴などを解説します<看護師国家試験>

2020年11月6日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・痔瘻と痔核の違いって?

・どんな治療をするの?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

国家試験範囲の解説一覧は領域別にHOMEに掲載しています。

本記事の内容について

  • 痔核とは
  • 痔瘻との違いについて
  • 誘因・治療・症状など

痔核と痔瘻の原因・手術などについて

45歳以降での有病率が高いとされます。

痔核は、俗に言う「いぼ痔」のことで、怒責による圧力や静脈の血行障害などによって生じます。歯状線より口側(大腸側)に生じる痔核を内痔核、肛門側に生じる痔核を外痔核と言います。また、「きれ痔」は裂肛と言います。

痔瘻は、肛門周囲に感染が生じて膿を形成し、肛門の通り道とは別になって外部と交通した状態を言います。

痔瘻・痔核について

>痔核の誘因とは

誘因

  • 長時間座位・立位
  • 妊婦
  • 便秘

姿勢などによって静脈が鬱滞したり、腹圧が掛かったり、重力で血流が下半身に集まったりなどが誘因として考えられます。排便習慣や肛門の清潔、体位などの調整を行います。

>内痔核・痔瘻の特徴とは

ポイント

  • 内痔核の好発部位は3時、7時、11時方向です。内痔核(粘膜部分)は通常疼痛が生じませんが、嵌頓(肛門外脱出)などでは激痛となります。
  • 痔瘻ではクローン病などで生じ易いとされます。

>痔核の症状などについて

症状

  • 出血
  • 疼痛:血栓・嵌頓で激痛となる
  • 掻痒感

検査

  • 直腸診
  • 肛門鏡

<肛門鏡>

左側臥位(シムス位)・砕石位(画像)で行うことが多いです。

治療

・保存的治療:第一選択です

>生活指導・座薬・鎮痛薬など

・外科的治療:肛門外に脱出してしまう場合

>結紮切除術(ミリガン・モルガン法)・硬化療法(ALTA:硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸)

>痔瘻の場合は自然治癒するケースが少ないので、切開・排膿をしていきます。


今回は「痔核」と「痔瘻」について解説しました。

まとめ

  • 痔核は内側と外側に分かれます
  • 内側は疼痛<出血、外側は疼痛>出血が多いです
  • 痔核は同一な姿勢・妊婦・便秘などで起こり易いです
  • 内痔核は3時・7時・11時に起き易いです
  • 痔瘻は膿瘍が形成されて外部と繋がった状態です
  • 痔瘻はクローン病で起き易いとされます
  • 軽症の痔核は保存的治療ですが、重症例は手術を検討します
  • 痔瘻は自然治癒が難しいので手術を行います
今回は以上になります。参考になれば幸いです。

お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Category

 

お勧めの厳選書籍は「コチラ」です。専門書は高いので、ちょっとした質問などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2021/5/2

【白内障】好発年齢・症状・原因・手術などを解説します<看護師国家試験>

Nursing

2021/5/2

緑内障とは?原因・症状・治療・注意点などを解説します<看護師国家試験>

Money Nursing Web・Life

2021/4/24

【雇用保険】知らなきゃ損です!看護師の失業手当の受け取り方と金額について

Nursing Web・Life

2021/4/20

【授業・課題】5種類の推奨アプリとChrome Bookのレビューについて

Nursing Web・Life

2021/4/20

【医療学生】学校では教えない科学的根拠に基づいた記憶術と勉強法について

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2021 Liberal Nurse -リベラルナース-