Medical

【セロトニン】精神症状との関係と食べ物で増やす方法について解説します<看護>

2021年7月30日

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

セロトニンって?看護に関係する?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

国家試験範囲の解説一覧は領域別にHOMEに掲載していますKindle電子書籍を活用して無料・低価格で「電子ノート」を作りたい場合は、以下の記事を参考にしてくださいね!

【医療学生】iPad・アプリなどを活かした図解ノートによる勉強方法について<看護>


当記事で分かること

  • セロトニンとは
  • 役割・作用機序について
  • 他のホルモンとの関係について
  • 増やす方法って?

セロトニンとは

セロトニンは端的に言うと「精神」・「神経」などを司るホルモンです。これが不足することでイライラ・不安などの精神症状を来します。

役割・作用機序

ノルアドレナリン・ドーパミン・セロトニン

ポイント

セロトニンはドーパミン・ノルアドレナリンを調節する働きを持ちます。ドーパミン・ノルアドレナリンと聞くと循環作動薬を思い浮かべると思いますが、脳(中枢神経)では運動・情動などに関わります。

ドーパミンは「報酬系」として快楽などを起こすことで有名です。ノルアドレナリンは恐怖・記憶などに影響します。つまり、セロトニンの不足は2種類のホルモンの調節が上手く行えずに精神症状などを来します。

関連記事をCHECK!

【α・β】アドレナリン受容体の種類・作用・覚え方について解説します



薬剤

抗うつ薬は以上の機序を仮説として利用して、セロトニン・ノルアドレナリンなどの濃度を上げることで症状を改善させます。効果発現までに1ヶ月前後要すとされます。

観察ポイント

薬剤により神経伝達物質によって神経が刺激されることで、精神症状・神経症状などが出現する可能性が考えられるので、投与初期・増減時・中止時などでは注意が必要です。

  • 賦活症候群(アクチベーションシンドローム):投与開始・増量などで起きる精神症状で、自殺などに注意する
  • セロトニン症候群:精神症状(不安・意識障害)・神経症状(振戦・発汗)などが起きる
  • 離脱症候群:眩暈・眩暈などを起こす

トリプトファン・メラトニンとの関係について

トリプトファンはアミノ酸の仲間で、必須アミノ酸です。必須アミノ酸とは栄養として摂取しないと不足してしまうアミノ酸のことを言います。特にバリン・ロイシン・イソロイシンは肝不全で重要な必須アミノ酸(BCAA)として重要です。

必須アミノ酸

  • トリプトファン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

関連記事をCHECK!

肝性脳症・腹水・黄疸などの肝不全症状と治療について解説します<看護・医療国家試験>

食事

大豆・乳製品などに多く含まれているので、日本人の味噌汁・納豆などは打って付けですね!抗酸化・鎮痛・催眠・記憶力向上などの効果を得られますが、取り過ぎると肝障害などの危険性も示唆されています。

吸収にはビタミンB群も必要なので、食事では肉類・魚介類・レバーなどと摂取しましょう。

ポイント

  • 不眠改善
  • 抗酸化・アンチエイジング
  • 鎮痛
  • 記憶力向上






メラトニン

メラトニンはトリプトファン・セロトニンを経て合成されるホルモンです。睡眠と関係するホルモンで、光刺激によって分泌量が減ります。

  • 日中:セロトニン(↑)・メラトニン(↓)
  • 夜間:セロトニン → メラトニン(↑)

ポイント

夜間に光刺激を受けるとメラトニンが減るので、寝付きが悪い場合などは電子機器などの光刺激は避けましょう。また、セロトニンの分泌量によってメラトニンも増えるので、日光を浴びるのも大事になってきます。

関連記事をCHECK!

【メラトニン】概日リズム・体内時計を利用して睡眠障害を改善させる看護とは


今回は「セロトニン」について解説しました。

まとめ

  • ドーパミン・ノルアドレナリンを制御します
  • 結果的に精神・神経などと関わってきます
  • メラトニン同様、日常で大切なホルモンになってきます
  • 精神疾患に関連する薬剤を理解する上で押さえたいホルモンです
他の関連記事も参考までに!Shopでは検査値・解剖学・生理学・病態などの学習ツールを販売しています。良ければ立ち寄ってくださいね!

L.Nurse Shop

最新・人気記事

Medical

2021/11/14

乳癌の病態生理とは?特徴的な症状や治療について解説します<看護・医療国家試験>

Medical

2021/12/12

【分娩】5種類の破水の違いと胎位や陣痛などについて解説します<看護・医療国家試験>

Medical

2021/11/3

水痘・水疱瘡とは?大人の罹患と予防接種・感染経路・潜伏期間などについて解説します<看護>

Medical

2021/10/29

ノンストレステスト(NST)の目的とは?胎児心拍数との関係について解説します<看護>

認定看護師(CN)

Medical

2021/10/25

認定・専門看護師になるには?役割・種類・給料・更新期間・違いなどについて解説します

Money

2021/11/5

【雇用保険】知らなきゃ損です!看護師の失業手当の受け取り方と金額について

Money

2021/7/23

【サイト】派遣看護師は副業ブログにも向いている?時給・給料・保険など

Money

2021/11/28

【看護師】学生も可能な4つの副業とブログをお勧めする6つの理由について解説します

Money

2021/11/30

【看護師】副業禁止?2つのバレない方法と稼ぐ心構えや確定申告について解説します

Money

2021/11/28

【真実】看護師の初任給や給料、年収などを資格や夜勤も含めて解説します

電子ノート作成術

【医療学生】iPad・アプリなどを活かした図解ノートによる勉強方法について<看護>
  • 執筆者
  • 最新記事

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

-Medical

© 2022 Liberal Nurse