質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

【サイト】派遣看護師は副業ブログにも向いている?時給・給料・保険など

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

派遣看護師って、どんな働き方なの?

今回は、こんな声に応えていきます。

派遣看護師との違いって、施設に雇われていると実感が湧かず、よく分からないですよね。

今回は派遣のメリットやデメリットを解説していくので、今の働き方に疑問を持っている人は参考にして、解決の糸口にしてくださいね!

本記事の内容について

  • 派遣看護師とは
  • 労働可能な条件とは
  • メリット・デメリット
  • お勧めな使い方について



1.派遣看護師の仕組みについて

バナーの通り、「看護のお仕事」だと最大時給は2,500円です。1日20,000円とすると、1週間の労働日数に80,000円を乗じれば月給になります。

*例)週3日:240,000円

仮に時給が2,000円でも、副業には十分使えそうです!

一般的に7割の看護師が病院に勤務しています。クリニックや施設などは残りの3割に含まれ、その中の大半は施設と雇用を結んでいる人が多いと思います。

派遣看護師と聞くと、定期的に労働先を変えて臨機応変に働いているイメージですね。派遣看護師は誰に雇用されているのかと言うと、「派遣会社」になります。

個人・派遣会社・病院(施設)の関係は以下の画像の通りです。

派遣看護師について

普通の雇用関係は2者関係ですが、3者関係になっているのが分かります。

>労働条件

平成24年10月以前は、3者間での契約によるトラブルが多く生じていました。それにより、現在は派遣を行う上で次の通り法律で決められています。

ポイント

「雇用主(派遣会社)」との間で「30日を超える」雇用契約になっている。派遣先(施設)との契約日数は関与しないです。

30日以内の場合は日雇派遣と言います。例外的に日雇派遣が認められているのは、以下の通りです。

例外

  • 60歳以上
  • 雇用保険適応外の学生
  • 副業(生業年収500万円以上)
  • 主たる生計者以外(世帯年収500万円以上)

他にも業務での例外が多数存在しますが、一般的な看護師業務は含まれないので割愛します。

注意ポイント

日雇派遣と単発は意味が違うので勘違いしない様に注意しましょう。30日を超える雇用契約をしている場合は単発の派遣も可能です。

*但し週20時間以上の労働又は「例外」基準を満たす場合に限ります。

>勤務先制限

派遣看護師が勤務不可能な施設としては以下の通りです。

  • 病院
  • クリニック
  • 助産所
  • 介護老人保健施設
  • 訪問看護師

*以下の場合は派遣でも働けます。

  • 産休代替:産休・育休の代わりに働く場合
  • 紹介予定派遣:3~6ヶ月後に直接雇用契約になる場合
  • 離島など、特別に認められている地域

一般的に派遣業務が行えるのは、次の施設になります。

  • 有料老人ホーム
  • デイサービス
  • 特別養護老人ホーム
  • 社会福祉施設(保護施設 児童福祉施設 障害者施設など)
  • 保育園

>継続勤務制限

最長で継続勤務をする場合は3年までとなります。その後は施設と雇用を結ぶか、別の病院に移ります。

*但し、同じ施設でも部署が変わって、シフト管理者が変更になった場合は継続して労働できます。

>保険・給料・待遇

雇用保険や給料・待遇などは、雇用関係になっている派遣会社が管理します。派遣会社で内容は異なるので、確認しましょう。

  • 雇用保険:週20時間以上
  • 厚生年金:雇用期間2ヶ月以上・週4日以上
  • 健康保険:同上
  • 労災・賠償責任保険:可能
  • 健康診断など

2.派遣看護師のメリット・デメリット

仕組みを確認したところで、次はメリット・デメリットなどを紹介します。

>メリット・デメリット

メリット

  • 時給が高め
  • 好きな時に働ける
  • 副業に手間を掛けられる
  • 人間関係などに悩み難くなる
  • 経験を積める
  • 組織などとの相性を確認できる
  • ある程度の期間で辞められる
  • 委員会・勉強会などの仕事無し

デメリット

  • 基本的に昇給・賞与無し
  • 地方は時給が安め
  • 即戦力を期待される
  • 職場に馴染み難くなる
  • 収入が不安定でローンなど通り難くなる
  • ルールを覚えるのが大変になる

>利用方法

例えば次に該当する場合は、検討の余地有りです!

  1. ちょっと休憩したい人
  2. 環境を確認して施設に雇用されたい人
  3. 副業にして新しいことに挑戦したい人
  4. 離島・引越など、別の地域を味わいたい人
  5. 本業の看護師に加えて更に副業で稼ぎたい人
  6. 人間関係に悩みたく無い人
  7. 経験を積みたい人
  8. 委員会などの雑務をしたくない人
  9. 医療行為が少ないところで働きたい人

今回は「派遣看護師」について解説しました。

まとめ

  • 時給は良いけど賞与などは基本的に無し
  • 福利厚生などは会社で異なる
  • 副業・人間関係・経験などで検討の余地有り

労働に関連しているオススメ記事はコチラ!環境が悪い人は、切り詰めた労働や使い捨て看護師から脱却して楽に生きましょう。

今回は以上になります。参考になれば幸いです。お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2020/11/29

【PSA】前立腺癌の原因・症状・検査・治療など<看護師国家試験>

前立腺癌の特徴や治療は? 今回は、こんな声に応えていきます。前立腺癌のリボンは「ブルー」です。 本記事の内容について 前立腺癌とは 症状・検査・治療について 目次 1.前立腺癌の原因と好発について>死因順位・好発>原因・関連因子2.前立腺癌の分類と転移について>転移3.前立腺癌の症状・検査・治療について 1.前立腺癌の原因と好発について 上皮性悪性腫瘍で、多くが腺癌です。「腺」とは細胞が分泌する集まりのことです。前立腺と言う名前通り、想像し易いです。前立腺癌と言えば、「PSA」ですね!アジア人は比較的少な ...

ReadMore

Nursing

2020/11/28

前立腺肥大症(BPH)の検査・症状・薬などについて<看護師国家試験>

・前立腺肥大症って? ・症状や治療は? ・色々詳しく教えて! 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について 前立腺肥大症とは 3つの病期について 検査・合併症など 治療・禁忌薬剤について 目次 1.前立腺肥大症とは2.病期(膀胱刺激期・残尿期・尿閉期)について>膀胱刺激期(第1期)>残尿期(第2期)>尿閉期(第3期)3.前立腺肥大症の合併症・検査について4.前立腺肥大症の治療について>α1遮断薬>5α還元酵素阻害薬・抗アンドロゲン薬>経尿道的前立腺切除術(TURP)・ホルミウムレーザー前立腺核 ...

ReadMore

Nursing

2020/11/27

【透析】糖尿病性腎症・糸球体腎炎などの概要について<看護師国家試験>

・糖尿病性腎症って? ・透析になる疾患って? 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について 糖尿病性腎症について 糸球体腎炎について 腎硬化症について 目次 1.慢性透析療法の原疾患について2.糖尿病性腎症のステージ・症状・治療について3.急性糸球体腎炎の原因(子ども・アレルギー)について4.急性糸球体腎炎の症状・検査・治療について5.慢性糸球体腎炎(IgA腎症)の原因・食事などについて6.腎硬化症の原因・治療・食事などについて 1.慢性透析療法の原疾患について 出典:日本透析医学会 日本人は ...

ReadMore

Nursing

2020/11/27

アレルギー反応とは?種類・検査・症状などについて<看護師国家試験>

・アレルギーの機序は? ・どんな型が存在するの? 今回は、こんな声に応えていきます。 今や衛生仮説も唱えられているほど綺麗な環境で育っている現代人は、アレルギーがパートナーと言っても過言では無いです。どの様な機序で起こるのか見ていきましょう! 本記事の内容について アレルギー分類について 機序について 検査について 目次 1.アレルギー反応とは2.Ⅰ型アレルギー(即時型・アナフィラキシー型):機序・疾患3.Ⅱ型アレルギー(細胞傷害型):機序・疾患4.Ⅲ型アレルギー(免疫複合体型・アルサス型):機序・疾患5 ...

ReadMore

Nursing

2020/11/26

グラム陰性菌の種類・特徴とは(大腸菌・緑膿菌など)<看護師国家試験>

・グラム陰性菌はどんな菌なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 参考 グラム陽性菌に関しては「コチラ」を参考にしてくださいね! 本記事の内容について グラム陰性菌に関して 大腸菌・緑膿菌・レジオネラ菌とは 赤痢菌・コレラ菌・百日咳菌とは チフス菌・パラチフス菌とは 目次 1.グラム陰性球菌・桿菌について2.大腸菌・緑膿菌・レジオネラ菌の特徴や治療について>大腸菌(Escherichia coli)>緑膿菌>レジオネラ菌3.赤痢菌・コレラ菌の特徴や治療について>赤痢菌>コレラ菌4.サルモネラ属(チフス菌 ...

ReadMore

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2020 Liberal Nurse -リベラルナース-