質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

【尿路感染症】膀胱炎や腎盂腎炎の原因や症状など<看護師国家試験>

2020年11月21日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・尿路感染って?

・何に気を付けよう?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・新卒看護師は勿論、未経験領域に臨む臨床看護師にも通ずる基礎内容ですので参考にどうぞ!筆者の経験以外に専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。

国家試験範囲ですので、学科試験内容にも含まれます。国家試験合格率は全国平均で90%程度です。単位を落とすと学費が余計に掛かってしまいます。

この記事は国家試験範囲(+α)程度の内容に絞って、突っ込んだ内容はなるべく別記事でしています。是非参考にして「単位取得」「合格」に役立ててくださいね。

本記事の内容について

  • 尿路感染症とは
  • 膀胱炎について
  • 腎盂腎炎について

1.尿路感染症の分類と原因について

女性は尿路感染し易いので、特に注意しましょう!

>分類

尿路感染症は大別して以下の2種類になります。男性で生じる尿道炎も広義の尿路感染症ですが、性感染症として扱われるので今回は割愛します。

  • 膀胱炎
  • 腎盂腎炎

更に基礎疾患の有無で以下に分類されます。

  • 有:複雑性尿路感染症
  • 無:単純性尿路感染症

>原因

主に大腸菌が半数以上を占め、尿路より侵入する上行感染が原因となります。その他の緑膿菌などが原因になる場合もあります。

大腸菌とは

大腸菌(Escherichia coli)は、その名の通り大腸に存在する腸内常在菌で、グラム陰性桿菌です。

普段は消化吸収などで良い影響を与えてくれますが、他の組織などに侵入すると感染症を呈します。また、消化管に悪影響を及ぼす病原性を持った大腸菌も存在します。

2.尿路感染症の症状と治療について

上行感染(膀胱炎)が増悪すると腎盂腎炎に至ります。

>症状

主な症状は以下の通りです。

  • 無症状
  • 排尿痛
  • 頻尿
  • 尿混濁(浮遊物)

  • 発熱
  • 側腹部痛・腰背部(CVA叩打こうだ痛:手掌を置いて軽く叩く)

*肋骨脊柱角(CVA:Costovertebral Angle)

膀胱炎の段階では排尿痛や尿混濁などを呈しますが、更に上行して腎盂腎炎となると、発熱や腹背部痛などを呈します。

CVA叩打痛

好発

尿道自体の距離が短いのと、更に肛門や膣にも近い女性に多いです。

>検査・治療

検査

白血球数などが上昇したり、培養検査や尿沈査などで細菌を認めます。尿沈渣とは、顕微鏡で細胞や細菌を調べる検査です。


  • 超音波検査
  • 腹部単純レントゲン(KUB:Kidney Ureter Bladder)

>腎臓・尿管・膀胱が入る位置で撮影します。

  • 静脈性腎盂造影(IVP:Intravenous Pyelography)

>腎臓に「影を造る」検査で、臓器や尿路などに何が起きているか診断します。点滴静注腎盂造影(DIP:Drip Infusion Pyelography)とも言います。

  • 腎部CT

腎盂腎炎の場合は上記の検査などを検討します。

膿は白血球(好中球など)が敵を貪食した残骸です。

治療

  • 水分摂取(排尿)

>粘膜自体にバリア機能が備わっています。更に排尿によって膀胱や尿道は洗浄されます。これを自浄作用と言って、細菌の定着を防ぎます。粘膜が傷付いたり、排尿を我慢したりすると感染の危険性が高まります。

  • 抗生物質

また、入院患者では膀胱留置カテーテルの長期的な存在も感染率を上げるので、早期抜去を目指します。

尿路感染症について

唾液による自浄作用も有名です。特に絶食患者などでは、歯磨きが感染予防にもなります。

今回は「尿路感染症」について解説しました。

まとめ

  • 膀胱炎と腎盂腎炎を押さえよう!
  • 基礎疾患を持つ複雑性尿路感染症は重症化し易いです
  • 原因は大腸菌が多く、単純性では女性に多いです
  • 尿混濁・排尿痛などを呈します
  • カテーテルによる院内感染で頻繁に見られます
  • カテーテルの早期抜去や飲水などを心掛けます
今回は以上になります。参考になれば幸いです。

お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

<国家試験対策>

2021.2.14  看護師国家試験まで 日 ・看護師国家試験の解説が見たいな…。 ・分野別にまとめた解説は無いの? 今回は、こんな声に応えていきます。 独りで学習していると、疑問に思って立ち止まって ...

続きを見る

<学生・参考書一覧>

目次 実習・記録関連図国家試験 実習・記録 関連図 国家試験 リンク リンク リンク

続きを見る

 

お勧めの厳選書籍は「コチラ」です。専門書は高いので、ちょっとした質問などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2020/11/29

【PSA】前立腺癌の原因・症状・検査・治療など<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/28

前立腺肥大症(BPH)の検査・症状・薬などについて<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/27

【透析】糖尿病性腎症・糸球体腎炎などの概要について<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/27

アレルギー反応とは?種類・検査・症状などについて<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/26

グラム陰性菌の種類・特徴とは(大腸菌・緑膿菌など)<看護師国家試験>

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2020 Liberal Nurse -リベラルナース-