質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

4分類で解説する悪心・嘔気・嘔吐の原因などについて<看護師国家試験>

2020年10月27日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・嘔吐しちゃったら?

・どう対応しよう?

今回は、こんな声に応えていきます。

注意

経験上、嘔吐は突発的に起こることが多いです。咄嗟でも使える知識を養ってイメージしていきましょう!

この記事は看護学生・新卒看護師は勿論、未経験領域に臨む臨床看護師にも通ずる基礎内容ですので参考にどうぞ!筆者の経験以外に専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。

国家試験範囲ですので、学科試験内容にも含まれます。国家試験合格率は全国平均で90%程度です。単位を落とすと学費が余計に掛かってしまいます。

この記事は国家試験範囲(+α)程度の内容に絞って、突っ込んだ内容はなるべく別記事でしています。是非参考にして「単位取得」「合格」に役立ててくださいね。

本記事の内容について

  • 悪心・嘔吐の違いとは
  • 分類で見る原因・機序について
  • 嘔吐した時の対応や薬剤について

悪心・嘔吐の原因や機序などについて

定義

悪心おしんとは吐き気や嘔吐と同義で、吐く直前の気持ち悪さのことを言います。嘔吐は胃内容物を排出することを言います。延髄の嘔吐中枢が反応し、胃腸・横隔膜などの刺激によって引き起こされます。

>分類

ざっくりですが、嘔吐は以下の様な分類に分けられます。

・中枢性嘔吐:脳圧亢進などで延髄が直接刺激されて起こります。

>脳圧亢進など

・大脳皮質刺激性嘔吐:悪臭や視覚情報などのストレスにより嘔吐を誘発します。

>グロテスクな場面を見るなど

・末梢性嘔吐:食物の通過障害など、何かしらの原因が神経系を介して中枢に伝わることで起きます。

>指を突っ込むなど

・化学受容器引金帯刺激性嘔吐(CTZ:chemoreceptor trigger zone):薬物や毒物などにより起きます。

>薬物・毒物摂取など

どの種類も嘔吐中枢を通って作用します。

嘔吐中枢について

私はグロテスクな表現は大丈夫ですが、人の吐物を見たり嗅ぐと即誘発されるので職業柄結構困ります。

弱い人は二次被害が起きるので、外回りとかが良いかもですね。

>対応

一般的には以下の対応などをします。

ポイント

・患者の状態を把握する

・原因などを推測する(後述)

・吐物の量や性状などを確認する

・体位を横に向ける

・清潔や環境を整える

・必要に応じて吐物を吸引する

・意識や呼吸などが悪い場合は気管挿管を行う

・投与薬剤や制吐剤などの指示を確認をする

・電解質(アルカローシス)や脱水に注意する

・感染対策を行って片付ける

嘔吐の機序を学ぶことで、バイタルサイン測定・看護ケアを行いつつ大まかな治療・対応が想像できます。

・中枢性嘔吐

>脳神経症状などの異常を確認します。

・大脳皮質刺激性嘔吐

>ストレス緩和や更衣・含嗽などで吐物による再嘔吐を防ぎます。

・末梢性嘔吐

>可能性の高いと考えられる臓器刺激に対応した初期治療を行います。

・CTZ

>胃洗浄による毒物の排泄や薬剤の中止・検討を行います。

急激な嘔吐では難しいですが、慢性的に気持ち悪い場合は、胃部を冷やすことで消化管運動抑制・刺激抑制などにより制吐作用を得られます。

*一般的な罨法に関しては「コチラ

>制吐剤

がん診療では抗がん剤の副作用などに対するガイドラインが存在します。嘔吐中枢にはドーパミン(D2)・ヒスタミン(H1)・5-HT3・ムスカリン受容体などが存在し、各受容体に拮抗作用を示すことで効果を発揮します。

ちょっと臨床向きになるので、看護学生は割愛しても良いです!

種類が多いので、比較的よく使う2種類を解説します。

消化管運動促進薬

メトクロプラミド(プリンペラン®)は、D2受容体に拮抗してアセチルコリンを抑制します。消化管蠕動を促進させるので、制吐作用以外に栄養が消化管で滞ってしまう際にも使います。

*消化管を安静にしたい場合や褐色細胞腫などには禁忌とされます。

抗ヒスタミン薬

ジフェンヒドラミンなどに代表されるH1受容体拮抗薬を指します。内耳に働くので乗り物酔いに使われたり、副作用を利用した眠剤にも使われます。H1はアレルギーとも関連しているので、花粉症などでも用いられます。

H2は胃潰瘍に関連する受容体でしたね!

ヒスタミンは覚醒物質です。抑制することで眠気が現れます。また、抗コリン作用(アセチルコリン抑制作用)による口喝・便秘なども起き得ます。

*緑内障(眼圧上昇)・前立腺肥大症(尿道収縮)では禁忌で、眠気を起こすので運転前の服用は避けましょう。

参考:市販薬

今回は以上になります。参考になれば幸いです。

お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

<国家試験対策>

2021.2.14  看護師国家試験まで 日 ・看護師国家試験の解説が見たいな…。 ・分野別にまとめた解説は無いの? 今回は、こんな声に応えていきます。 独りで学習していると、疑問に思って立ち止まって ...

続きを見る

<学生・参考書一覧>

目次 実習・記録関連図国家試験 実習・記録 関連図 国家試験 リンク リンク リンク

続きを見る

 

お勧めの厳選書籍は「コチラ」です。専門書は高いので、ちょっとした質問などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2020/11/29

【PSA】前立腺癌の原因・症状・検査・治療など<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/28

前立腺肥大症(BPH)の検査・症状・薬などについて<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/27

【透析】糖尿病性腎症・糸球体腎炎などの概要について<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/27

アレルギー反応とは?種類・検査・症状などについて<看護師国家試験>

Nursing

2020/11/26

グラム陰性菌の種類・特徴とは(大腸菌・緑膿菌など)<看護師国家試験>

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2020 Liberal Nurse -リベラルナース-