質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

【嚥下障害】食道アカラシアとは?原因・症状・治療など<看護師国家試験>

2020年10月9日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・食道アカラシアって?!

・どんな症状や治療をするの?

今回は、こんな声に応えていきます。

この記事は看護学生・看護師は勿論、その他の医療学生・関係者にも通ずる基礎内容です。専門書やガイドラインなどでデータや事実を確認してから執筆しています。学科試験・国家試験・予習復習などに役立ててください!

本記事の内容について

・食道の特徴を復習しよう

・食道アカラシアの病態とは

・検査や治療などについて

食道の特徴とアカラシアの検査や治療について

では消化管の「解剖」、「運動」などで解説した食道の特徴を振り返ってみましょう。

>食道の特徴

・生理的狭窄部位

>C6(入口)

>Th4-5(気管・大動脈交叉)

>Th10-11(食道裂孔)

・「粘膜層」、「筋層」、「外膜」で構成される

・漿膜が無いので癌は外側に浸潤する

・蠕動運動で食物を運ぶ

蠕動運動

>食道アカラシア

では、食道アカラシアとは何でしょう?10万人に1人程度の疾患だと報告されています。以下の画像の通り、食道下部で食物の通過障害が生じます。

食道アカラシア障害部位

LES

食道には下部食道括約筋(LES:Lower Esophageal Sphincter)が備わっており、食物が通過する際に弛緩することで胃に流れていきます。食物が通過しない時は収縮し、胃からの逆流を防ぎます。

LESは通過に関係する食道疾患では重要な要素となります。

原因

正常な蠕動運動を行えなかったり、弛緩不全を起こして収縮したまま食物が停滞してしまいます。この原因は明確になっていませんが、神経の変性などが関係していると報告されています。

>検査・症状・治療

検査

・食道造影検査:先細って狭窄することで、画像では鳥の嘴状に見えます

・内視鏡検査:実際にカメラで形状などを見ます

・食道内圧測定:LESの圧力上昇や蠕動波消失などを認めます

<内視鏡>内視鏡

症状・合併症

>症状:嚥下障害・胸痛・逆流・嘔吐・詰まる感じなど

*消化液と混じっていないので比較的臭気は少ないです。

>合併症:食道癌・肺炎など

*悪心・嘔吐については「コチラ」を参考にしてくださいね!

治療

対症療法としてCa拮抗薬・亜硝酸薬など

>血管拡張作用を有しますが、食道も血管と同じ平滑筋なので拡張作用を期待して使います。

>手術

<腹腔鏡>

腹腔鏡

手術

・バルーン拡張術:狭窄部を風船で拡張させます。

・Heller-Dor術:腹腔鏡化で狭窄解除などを行います。

・経口内視鏡的筋層切除術(POEM:Per Oral Endoscopic Myotomy):内視鏡的に食道にトンネルを作り、筋層を切って通過部を広げます。

飲み込み難さが見られるので、食事時間や形態、姿勢などに注意しましょう。頻回な逆流は肺炎や癌などのリスクに関与します。また、普段は冷たい飲み物などで症状が増悪するので、なるべく温かくします。

冷水

今回は「食道アカラシア」について解説しました。

まとめ

・食道の生理的狭窄部位「3」つを押さえよう

・「3」層で、漿膜は無し

・蠕動運動で食物を運びます

・アカラシアは原因不明ですが神経変性に起因します

・LESは通過障害や逆流に関係するので押さえよう

・慢性化すると誤嚥性肺炎や癌の危険性が高まります

・冷たい飲食は控えよう

・治療は平滑筋弛緩、バルーン拡張、外科治療など

今回は以上になります。参考になれば幸いです。

お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

 

Category

 

お勧めの厳選書籍は「コチラ」です。専門書は高いので、ちょっとした質問などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2021/4/13

【学生】病院看護師が比較的よく遭遇する画像検査の種類について解説します

Nursing

2021/4/5

原発性アルドステロン症とは?病態・症状などについて<看護師国家試験>

Nursing

2021/4/5

クッシング症候群とは?副腎皮質・症状などについて<看護師国家試験>

Nursing

2021/3/31

【褐色細胞腫】副腎髄質との関係・症状・禁忌薬剤など<看護師国家試験>

Nursing

2021/3/28

【アジソン病】慢性副腎皮質機能低下症の病態・症状とは<看護師国家試験>

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2021 Liberal Nurse -リベラルナース-