質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

【看護師】忙しい!楽な職場で働きたい人の47都道府県で選ぶ方法

2020年9月23日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・忙しい地域とか分かるの?

・看護師って全国に何人居るの?

今回は、こんな声に応えます。

病院によっては毎日残業、時間外手当無しって当たり前です。統計で明らかになっているので、気になる方は下の記事も参考にどうぞ!

今は看護師が職場を選ぶ方法は沢山存在します。辛ければ一度立ち止まって考えましょう。

【悲報】
【真実】看護師の初任給や給料、年収などを資格や夜勤も含めて解説します

・看護師の給料は? ・私の病院って平均的なのかな? ・夜勤の手当って、普通はどのくらいなの? ・資格や年数で増えないもの? ・転職するか迷ってるんだけど。 今回は、こんな声に応えていきます。 看護師の ...

続きを見る

今回の記事は厚生労働省のデータに基づいています!

この記事では、医師や看護師の総数や都道府県の分布が分かります。これにより各地域の人手が分かるので、自分好みの職場をより的確に選択でき、就職に役立ちます。

本記事の内容について

・資格ごとの人数や配置について

・各都道府県の医師と看護師の数について

・この統計を就職に役立てよう!

保健師・看護師・准看護師・助産師の人数や47都道府県の配置について

人それぞれ忙しいのが好きだったり、ゆっくりと仕事をしたかったりと様々だと思います。人口が多くて医療者の人数が少ないところは、単純に考えて忙しいです。

そこで就職、転職、復職などを考える際に参考にしたいのが、各都道府県の医師と看護師の数(比率)です。

ちなみに私は時間間隔が早く感じるので、忙しいのが好きです。

>各資格者の人数について

就業している看護師などの人数って、どの程度か知っていますか?

参考:厚生労働省「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」

上の通り、ざっくりと保健師は「5」万人、看護師は「120」万人、准看護師は「30」万人程度です。女性のみの助産師は、「4」万人弱になります。男性は10%を突破しない状況が続いています。

年齢別に見ると以下の通りです。

出典:厚生労働省「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」

少子高齢化なので若年層は少なめです。准看護師以外は50歳程度までの割合は大体同じくらいです。

>各施設の構成割合について

 

出典:厚生労働省「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」

以下の4ヶ所で95%程度は占めています。

  1. 病院:70%程度
  2. 診療所(クリニック):15%程度
  3. 介護保険施設:7%程度
  4. 訪問看護ステーション:4%程度
圧倒的に病院が多いですね!

>各地域の医師と看護師の比率について

出典:厚生労働省「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」

出典:平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計の概況

医師数も重要なので、一緒に載せています。

この表を見る限りでは、西日本の方が潤ってる感じです。

ざっくりと見た医師・看護師の人口対数の多い都道府県は?

「高知県」が頭一つ抜けてますね!

その他:鹿児島・石川県・富山県・鳥取県・島根県・岡山県・山口県・福島県・香川県・愛媛県など

ざっくりと見た医師・看護師の人口対数の少ない都道府県は?

最下位は「埼玉県」です!

埼玉にも医者くらい居るだろ!?
(本当に)居ないんです!

誰か埼玉に翔んできて!

その他:千葉県・神奈川県・宮城県・茨城県・栃木県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県など

東西の首都圏は看護師が少ないですけど医師は多いですね。

以下は医師と看護師の分布を分かり易く地図でまとめたものです。

白の地域は、医師も看護師も平均水準より上回っている地域です。

>都道府県別:看護師・医師数の上位3とは

タブをClickで切り替わります。




  1. 徳島県
  2. 京都府
  3. 高知県
  1. 高知県
  2. 鹿児島県
  3. 佐賀県

比較的人口の少ない都道府県は潤っています。逆に東京都など、人口が集まる都道府県には看護師が不足している傾向です。

看護師は都内などに集まらないですね。穏やかに過ごしたいのかな?

今回は、「看護師関係の職種数と地域分布」を解説しました。

まとめ

・看護師の7割は病院勤めです

・ざっくり西日本(四国・九州)や中部(北)は医師と看護師が潤っている

>落ち着いて仕事したい人向き

・ざっくり関東や東北は医師と看護師が少なめ

>忙しく仕事をしたい人向き

医療者が少ない地域に住んでいる一般の人も他人事では無いですね!

定期健診などしていきましょう。

労働に関連しているオススメ記事はコチラ!環境が悪い人は、切り詰めた労働や使い捨て看護師から脱却して楽に生きましょう。

今回は以上になります。参考になれば幸いです。お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

2021/1/21

間質性肺炎・じん肺・拘束性換気障害について解説します<看護師国家試験>

・間質性肺炎って? ・じん肺?よく分からないなぁ… 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について 拘束性換気障害とは 間質性肺炎について じん肺について 目次 1.拘束性換気障害とは2.間質性肺炎とは>症状・合併症>検査>治療3.じん肺とは>症状・合併症>検査>治療 1.拘束性換気障害とは 間質性肺炎やじん肺などは、肺が炎症を起こして繊維化することで硬くなり、拡張機能が損なわれる拘束性肺疾患に含まれます。 空気を吸っても十分に肺が広がらず、スパイロメトリーでは%肺活量が低下して80%を下回りま ...

ReadMore

Nursing

2021/1/20

【インフルエンザ】型・症状・予防接種・禁忌薬剤など<看護師国家試験>

・インフルエンザの特徴って? ・検査や治療は何をするの? 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について かぜ症候群とは インフルエンザ・流行性について 症状・検査・治療など 自宅待機・予防接種について 目次 1.かぜ症候群について2.インフルエンザとは3.インフルエンザの症状・検査・治療について3.自宅待機期間について4.インフルエンザワクチンについて 1.かぜ症候群について インフルエンザはかぜ症候群の一種です。 かぜ症候群? かぜ症候群とは 一般的に「風邪」と呼ばれて馴染み深いと思います。 ...

ReadMore

Nursing

2021/1/18

肺結核症とは?治療・検査・感染経路などについて<看護師国家試験>

・結核って? ・何に気を付けよう? 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について 結核とは 肺結核症について 感染対策について 目次 1.結核とは>ワクチン2.肺結核症の感染経路について3.肺結核症の発症様式と症状について>一次結核>二次結核4.肺結核症の検査と治療について>ガフキー号数>ツベルクリン反応 1.結核とは 結核菌が臓器に感染して発症し、その多くは肺に好発します。結核と言えば肺結核症を指すことが多く、英名よりTBテーベー(Tuberkulose)と呼ばれます。 脊椎など、肺以外の結 ...

ReadMore

Nursing

2021/1/19

気胸・緊張性気胸とは?症状・治療などを解説します<看護師国家試験>

・気胸って? ・どんな病態なんだろ? 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について 気胸とは 種類と特徴について 症状・検査・治療など 目次 1.気胸とは>好発>ブラ・ブレブ2.気胸の症状・検査・治療について3.緊張性気胸とチェックバルブについて 1.気胸とは 気胸は胸膜が破綻することで胸膜腔(≒胸腔)に空気が流入し、肺が虚脱してしまった状態です。内因性又は外因性ストレスによって生じ、主な原因は以下の通りです。 自然気胸:ブラ・ブレブの破綻などで起こります。 外傷性気胸:交通事故などで胸膜が破 ...

ReadMore

Nursing

2021/1/14

【COPD】慢性閉塞性肺疾患の原因・検査・治療など<看護師国家試験>

・COPDって? ・病態や観察のポイントは? 今回は、こんな声に応えていきます。 本記事の内容について 慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは 症状・検査・治療などについて 目次 1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは2.慢性閉塞性肺疾患の症状・検査・治療について>症状・合併症>検査>治療3.びまん性汎細気管支炎(DPB)について 1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは 慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は喫煙が主な原因で、長年の常習によって中年 ...

ReadMore

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2021 Liberal Nurse -リベラルナース-