質問・要望など

Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v

Nursing

【学生】看護師の関連図の書き方とパソコン・スマホアプリ活用法

2020年9月8日

アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

・関連図って何で書くの?

・書き方が分からないな~。

・使い勝手の良いアプリ無いの?

今回は、こんな声に応えます。

 

本記事の内容について

・関連図を書く理由と書き方について

・アプリ活用法について

関連図

私も学生の時にA3用紙3枚くらい繋げて書いてましたけど、ごちゃごちゃしたりと書き直すのは大変ですよね~。

なぜ書くのでしょう?

1.目的

例えば「糖尿病」とテーマを出した時に、「血糖」を関連項目にしたとします。次に「血糖」の関連、更にまた関連・・・と、テーマから距離が近いと記憶に留まりますが、この情報は離れれば離れるほど記憶から消えていきます。

場合によっては混乱して実習などで情報が上手く引き出せません。関連図を書くことで、自分の不足した部分を把握できます。

書いた図がイメージとして記憶に残り易いので、実習で活きてきます。

2.種類

・全体関連図

主に疾患に関わる、症状、治療、副作用、予後などです。

・病態関連図

主に入院前の患者のプロフィールですね。性別、年齢、家族、性格、生活歴、喫煙歴等々、全て集めようとせずにテーマに関わることで大丈夫です。

3.記載方法

基本的に学生の時は「疾患」をテーマに考えていくと思います。「糖尿病」に対しての看護を考える時に、少し細分化しないと最初はイメージが湧かないと思います。

ですので、まずは思い付く限り疾患毎に関連する項目を細分化していきます。配置は自由に書きましょう。

直接関連している可能性が低い項目は別紙で行いましょう。例えば、受け持ちの人が頭痛を訴えているからと言って、「糖尿病」→「頭痛」などと記載せずに、テーマを「頭痛」にして考えましょう。

また、関係無さそうな情報でも後々どう絡んでくるか分からないので、別紙にメモをしておきましょう。

簡易手順

①テーマの病態や症状、治療などを考えて情報整理、枝分かれさせていく

②問題点を抽出し計画立案する(関連【→】が多い項目は重要度も高い!)

③対象患者の個別性(性格、体質、病態、症状など)を考える

④「看護(治療の補助、症状の緩和、生活指導など)」を考える

⑤評価して、改善する場合は①に戻って検討し、修正していく

上手く展開出来ない場合は、以下の項目をチェックしよう!

参考

・情報収集は足りている?

・情報1つ1つの意味付け、関連付けは十分した?

・問題点の見落とし、優先順位(=関連【→】が多い項目)は?

・個別性は踏まえた?

・看護を行う根拠は?(患者満足度・医学的根拠など)

・看護技術や期間の設定は適切だった?過程や結果から考えよう。

「現在」、「過去の問題点」、「理想の未来」に対して看護をしよう!

・「現在」:糖尿病で血糖管理中、入院ストレス、食事制限、口喝など→治療補助、気分転換、味の工夫、飲水の工夫など

・「未来」①:合併症、症状など→予防目的の治療補助や生活指導など

・「未来」②:退院後のコントロール→生活習慣や病識なども含めた指導

・「過去」:ライフスタイル、家庭環境、病識など→問題点を明確にして指導・協力要請

・「個別性」:本人の特徴、背景、病態などを踏まえて可能な範囲で配慮する

まとめ

①頭の中の整理と情報を引き出し易くする目的で作る。

②患者のプロフィール関連と病態関連でグループ分けをする。

③まずは思い付く限り、関連していると思う項目を書く。

④後々関係してくる可能性も考え、無関係なことは別紙に書いておく。

⑤可能なら色分けや図解などを施すと分かり易く記憶にも残る。

4.アプリ

思い付くままに書いていると、スペースが足らなくなったり、雑になったり、汚くなったりしますよね?これは各学校の方針によりますが、そんな時にはMind Mapを基にしたアプリが凄く便利なので活用すると良いと思います。

電子機器で書くのはダメ!って古い考えの学校だと諦めてください(笑 手書きなら電子機器でも良いよ!って学校ならセーフです。pencilタイプや、書き難いですけど指でも一応手書きはできます。

メリット

・アプリによるが、基本的に配置替えを自由にできる。

・色付けできるので、疾患、症状、背景、看護など見分けが付く。

・無料なアプリが多く、端末さえ持っていれば誰でも使える。

・PC、iPhone、androidなど幅広くインストールできる。

・端末にデータが残るので、いつでも見返すことができる。

デメリット

・端末を持っていないと、費用が掛かる。

個人情報がデータに残る場合や破棄しない場合は使用しない方が良い。

・画面が小さいと使用し難い。

「マインドマップ」と入力すると無料のアプリが出てきます。結構多いので気に入るのを選べば良いと思います。手書き機能付き以外も多いので、手書きにしたい方は確認してください。

更にアイコンや画像なども挿入できデザイン性を出せますが、学校に提出するとなると確認した方が良いですね。

以下はMindMisterです。私は気に入って使い倒しています(笑

今回は以上になります。参考になれば幸いです。

お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問、質問、要望などは「Mail」又は「Twitter@liberal_nurse」のDMまでお気軽にどうぞ^^v


<学生・参考書一覧>

目次 実習・記録関連図国家試験 実習・記録 関連図 国家試験 リンク リンク リンク

続きを見る

 

  • 執筆者
  • 最新記事
アバター

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に様々な情報を発信しています。臨床や投資、お金の知識を基に、専門書やガイドラインなどでリサーチをしてから執筆中!Web関連、看護、お金、職場環境の情報などを発信しています。

-Nursing

© 2020 Liberal Nurse -リベラルナース-