Medical

【脳卒中】FAST+α?早期発見で後遺症を最小限にしよう!

2020年9月5日

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

FASTって?

今回は、こんな声に応えていきます。

当記事で分かること

  • 脳卒中の前兆について

脳卒中(stroke)とは

TIME IS BRAIN!脳は経過時間で治療内容や予後が大きく変わってしまいます。

簡単に分けると、虚血「血管の詰まり、血流不全など」と出血(溢血)「血管の破れ」になります。

後遺症で寝たきりになる疾患1位です。

  • 虚血:血の塊が局所で形成(血栓)されたり、別の場所から飛んできた場合(塞栓)、血流が途絶えた場合などになります。
  • 出血:血管が脆くなったり、瘤になっているところが破綻するとなります。外的因子(事故など)でも生じます。

全体の死因は4位で7.9%です。

出典:厚生労働省

ポイント

内訳は脳梗塞が多いですね。もし脳卒中を学習する場合は割合的に脳梗塞からがオススメですね。

出典:厚生労働省

BE-FAST

米国では40秒毎に脳卒中が起きていると報告されています。

基本的には「FAST」を覚えましょう。

「BE-FAST」で感度を上げる方法も報告されています。FASTよりも感度が10%程度上昇するそうですが、検出精度が変わらなかったとの報告も出ています。

脳は呼吸中枢も存在するので、呼吸(いびきなど)がいつもと違う場合も注意しましょう。

B:Balance

  • 平衡感覚の喪失(眩暈、頭痛など)

頭痛は比較的出血に多く生じます。特にくも膜下出血では、突発的な激痛を認めます。血管の拡張や破綻による神経への刺激が主な原因です。

発症した場所にもよりますが、脳出血や脳梗塞では神経障害による平衡感覚の異常(麻痺)などが出現します。

どれも場合によって嘔吐や意識障害を伴います。

E:Eyes

  • 視覚異常(ぼやける、暗くなるなど)

視覚の中枢は後頭葉(脳の後ろ)に領域が存在しています。この周辺に病変が見られると、視野に異常が見られることが多いです。

F:Face

  • 表情(口元、眼尻、額など)が偏っている

A:Arm

  • 四肢の脱力、感覚異常、麻痺、痺れなど

S:Speech

  • 発話不可、意味不明な言葉など

日本人の2/3程度は言語野は左側だと言われているので、言葉に異常が出た場合は病変は左側の可能性が高いと言えます。

前頭葉(脳の前、ブローカー野):言葉は理解できるけど、話せなかったり詰まってしまいます。

側頭葉(脳の横、ウェルニッケ野):言葉の理解は不良だが、流暢に(主に意味不明な)会話をします。

T:Time

  • 発症時刻を記憶し、急いで救急車を呼ぶ

脳梗塞の場合は4.5時間以内に開始できれば血栓溶解療法(rt-PA)の適応になる可能性が出てくるので、脳の不可逆的ダメージを和らげる為にも素早く行動しましょう。

各種検査や搬送も含めると、出来る限り早く救急車を呼ぶのが良いでしょう。例え超過しても早いに越したことは無く、他の血管内治療も適応になる可能性が考えられます。

一過性脳虚血発作(TIA)

一過性脳虚血発作【Transient (cerebral) Ischemic Attack】は、脳梗塞の前触れです。

一時的に血管が詰まり、その後自然に開通して24時間以内に軽快するので、放ってしまう人も多いですが非常に危険です。ABCD2スコアで危険度を判断します。

  • Age(年齢):60歳≦ 1点
  • Blood Pressure(血圧):収縮期140≦ or/and 拡張期90≦ 1点
  • Clinical Features(臨床症状):一側の筋力低下2点 構音障害(麻痺無し)1点
  • Duration(持続時間):60分≦2点・10分≦1点
  • Diabetes(糖尿病):有1点

<2日以内に脳卒中を起こす確率>

  • 3点以下:1% 
  • 4~5点:4.1% 
  • 6点以上:8.1%

心原性脳塞栓症

心臓の科で働いている人は確認しておきましょう。

注意

心房細動や心筋梗塞、感染性心内膜炎などで心腔に生じた血栓が脳に飛ぶと生じます。塞栓を懸念し、危険性が高い人には安易に電気ショックをしません。

血栓が急に飛んでくるので、徐々に詰まる他の疾患と違って側副血行路(脇道の栄養血管)を作る時間も無く、重症化し易いです。

出血性梗塞(脳梗塞後に起きる脳出血)も起き易いとされます。心房細動患者の脳梗塞危険性評価はCHADS2スコアを使います。

  • Congestive heart failure(心不全):1点
  • Hypertension(高血圧):1点
  • Age(75歳≦):1点
  • Diabetes(糖尿病):1点
  • Stroke/TIA(脳卒中):2点

  • 合計1~2点以上:抗凝固薬開始(検討)

最後に

夏になって暑くなると、脱水に陥りがち。水分が減ると血管も詰まり易いので、脳梗塞予防に水分摂取(+塩分)を心掛けましょう。但し心不全や腎不全などの方は、摂取し過ぎに注意しましょう。

今回は以上になります。参考になれば幸いです。お勧めの記事などを以下に貼っています。疑問・質問・要望などは「Twitter」・「Mail」までお気軽にどうぞ^^v

Medical

2021/7/23

糖新生とは?ダイエット・筋肉・アミノ酸・肝臓・血糖値などとの関係について

糖新生って何のこと? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 糖新生とは アミノ酸・グリセロールって? 肝臓での代謝について 筋肉・血 ...

Medical

2021/7/16

【PLR】プロラクチンとは?男性・女性・作用などについて簡単に解説します

プロラクチンって男性にも出るの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること PLR・プロラクチンとは 作用・男女差について 目次 プロラ ...

Medical

2021/7/16

【GH】成長ホルモンとは?分泌部位・過程・時間・作用・疾患について解説します

成長ホルモンって、どんな作用を持つの? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 成長ホルモンとは 分泌部位・時間帯・作用について 疾患 ...

Medical

2021/7/6

【酸素】血液培養でも重要な好気性菌・嫌気性菌の違いと種類について解説します

好気・嫌気の違いって? 今回は、こんな声に応えていきます。 当記事で分かること 好気性菌・嫌気性菌について 臨床でよく遭遇する菌種について 目次 好気 ...

Money

2021/5/27

【雇用保険】知らなきゃ損です!看護師の失業手当の受け取り方と金額について

失業手当って幾ら貰えるの?雇用保険って何?看護師も貰える? 今回は、こんな声に応えていきます。受け取り方やタイミングを間違えると損になってしまうので気を付けましょう。 こう言った社会保障制度については大して習わないので、疎い人も多いです。私もその中の一人でした。世の中の仕組みを学ぶのは人生を楽にする為にも大事です! 当記事で分かること 雇用保険・失業手当とは 受給資格について 看護師も受け取れるの? 金額と経験談について 目次 雇用保険・失業手当とは対象者受給資格給付日数給付金額申請方法アルバイト等認定日 ...

Money

2021/7/23

【サイト】派遣看護師は副業ブログにも向いている?時給・給料・保険など

派遣看護師って、どんな働き方なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 派遣看護師との違いって、施設に雇われていると実感が湧かず、よく分からないですよね。 今回は派遣のメリットやデメリットを解説していくので、今の働き方に疑問を持っている人は参考にして、解決の糸口にしてくださいね! 当記事で分かること 派遣看護師とは 労働可能な条件とは メリット・デメリット お勧めな使い方について 目次 派遣看護師の仕組みについて労働条件勤務先制限継続勤務制限保険・給料・待遇派遣看護師のメリット・デメリットメリット・デメリ ...

Money

2021/5/27

【看護師】学生も可能な4つの副業とブログをお勧めする6つの理由

看護師の副業は何が良いの?ブログって良いの?看護学生でも出来るって本当? 今回は、こんな声に応えていきます。 その前に副業が可能なのかと、心構えについてコチラの記事で説明しています。 この記事では、看護学生や看護師をしながら副業をしたい人に勧める4つのコンテンツを紹介します。私は株式、投機、アフィリエイト、デジタルコンテンツ販売、YouTube、フリマアプリなどの経験を持っています。 また、ブログのメリットやデメリット、適性などを細かく解説します。この記事を参考に、自分の性格に合った副業を選びましょう。 ...

Money

2021/5/27

【看護師】副業禁止?2つのバレない方法と稼ぐ心構えや確定申告について

心身辛くて・・・。看護師って副業して良いの?何に気を付ければ良い?看護学生は可能なの? 今回は、こんな声に応えていきます。 大前提として「肉体労働を減 ...

マインドマップ

  • 執筆者
  • 最新記事

集中治療室で10年以上働き、ブログを起点に医療情報やお役立ち情報を発信しています。医療学生・新卒看護師向けに分かり易く解説するコンテンツも制作しています!国家試験に合格したのに臨床で上手く使えない…と思っている人は結構多いです。折角学習するのに臨床で活かせないのは勿体無いです。効率的・体系的に学びつつ臨床に活かしましょう!

-Medical
-

© 2021 Liberal Nurse